商品をたくさん売る工夫をしよう

>

情報を発信するタイミング

前々から宣伝しよう

ではSNSをうまく使うために、いろんな企業の成功事例を見ていきましょう。
多くの企業では、宣伝を早めに行っています。
新商品を発売する、1か月以上前から宣伝するところも見られます。
早すぎかと思うかもしれませんが、そのぐらい早くから宣伝することで、消費者に覚えてもらえます。
また何度か宣伝を繰り返すことで、忘れられる心配もなくなります。


何度も宣伝するということを覚えてください。
1回だけ宣伝するだけでは、投稿を見逃がしてしまう人がいるかもしれません。
投稿を見ても、忘れる消費者もいます。
何度も投稿すれば、自然と記憶に残るでしょう。
経営状態を向上させている企業は、賢くSNSを使っています。
使い方をマネしましょう。

カウントダウン方式

毎日、新商品の宣伝をする企業も見られます。
あと何日とカウントダウンすることで、消費者のワクワク感を高めることができます。
毎日投稿を見ていれば新商品が気になって、お店で見つけた時に買ってくれるかもしれません。
宣伝する際は、消費者をワクワクさせることが大切です。
そのために、少しずつ情報を提供するのが良いですね。

最初は発売日を伝えてください。
そして次は、見た目を宣伝しましょう。
食品であれば、次にどんな味なのか伝えても良いと思います。
徐々に新商品の全貌が明らかになると、見ている消費者も楽しくなります。
一気に情報を、伝えすぎないように気をつけてください。
計画的に情報を伝えることが売り上げ向上に繋がります。


この記事をシェアする