ネットプリント活用に関する総合情報サイト

コンビニエンスストアでネットプリントを使う

皆さんは、ネットプリントを使ったことはあるでしょうか。
ネットプリントという言葉を聞いた事のある方はたくさんいらっしゃると思いますが、実際に使ったことのある方は意外と少ないかもしれません。
因みに私はネットプリントのヘビーユーザーで、家にプリンターがあるにも関わらず、状況に応じて家のプリンターとネットプリントを使い分けています。

ネットプリントとは簡単に言うと、インターネットを使ってクラウド上にデータを上げ、そのデータをコンビニエンスストアのマルチコピー機や印刷会社で印刷する仕組みのことです。
昔は、自分で作ったデータを印刷しようとすると、自前でプリンターを用意するか、高いお金を払って写真屋や印刷会社に代行印刷してもらうしか方法はありませんでした。
しかし今では、自分でデータを完成させてしまえば、安い価格でネットプリントを使って印刷することができます。

ネットプリントは、最初は使うのに敷居が高いと感じるかもしれません。
特に、スマートフォンからプリントする場合は、専用アプリのダウンロードが必要になるなど、少し準備に時間がかかります。
しかし、一旦基礎設定さえしてしまえば、簡単にネットプリントが使えるようになります。

ネットプリントを使いこなせるようになっておくと、プライベートだけでなくビジネスでも重宝しますので、覚えておいて損はありません。
この機会に、是非ネットプリントの使い方をマスターしましょう。

ネットプリントの基本的な仕組み

ネットプリントで一番知られているのが、コンビニエンスストアのマルチコピー機から印刷するプリント方法です。 この方法を使うと、家にプリンターがなくても写真や文書を印刷できます。 印刷枚数の少ない方は、わざわざプリンターを買うよりネットプリントを使う方が便利でしょう。

インターネット発注で印刷物を作る

ネットプリントの仕組みを使うと、インターネットで簡単に印刷物を発注できるようになります。 発注と言うと敷居が高そうですが、最近では名刺やメッセージカード、小規模ロットのチラシなども発注できるようになりました。 マルチコピー機よりもクオリティの高い印刷物が作れますので、是非活用しましょう。

世界で一つだけのフォトブックを作る

ネットプリントの仕組みで、フォトブック(写真集)を作ることができます。 フォトブックは個人的に楽しむほか、色々な方にプレゼントすることで楽しみを共有することができます。 クオリティの高いものを作って、自費出版代わりにするのもいいかもしれません。 写真が溜まってきたら、一度フォトブックに挑戦しましょう。